<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

YoLeYoleCD発売中

YoLeYoleのCDはライブ会場でのみ販売してます。
今までのライブ、オリジナル曲、数々のセッションの様子を記録した音源たち。
ライブの日にちによって入ってるス音源がぜんぜん違うのでお楽しみに・・・

値段はドネーション制度(投げ銭CD)。
ライブ会場の片隅、受付にこの箱がおいてありますので、もし
ライブ見て気に入ってくれたら好きな値段をかごに入れて持ってってください。

夏に向けてツアー計画中。今回は藤沢ツアーじゃないよ。
f0082698_4131156.jpg

[PR]
by yoleyoleyole | 2006-04-20 00:16 | 日記

YoLeYoLe FREE LIVE@蓮月

来週の18日の火曜日、三宿の「蓮月」にてYoLeYoLeの
フリーライブやります。

ライブスタートは21:00から、一時間づつの2setです。

その日はちょうど「あの」ちょいワルギタリスト、ハンター
さんのSDLXでのショウとかぶっちゃってるんですが、
2setめは遅い時間からのスタートなので、
ハシゴもダンゼンおすすめです。
(ニューメグロさんはそうするって)

特別なゲストにstroboのリュウダイくんをお呼びしてます。
DJは色男のつるくんです。
そしてサウンド担当には、青山タカシ氏!

強力なサポートにより、どんなミラクルパーリーに
なるのか楽しみです。

オーナーさんのハピバスデーでもあるので、
みんなでお祝いしよ!!

ぜひぜひ、いらしてね~~♪
[PR]
by yoleyoleyole | 2006-04-15 22:38 | 日記

すくすく

f0082698_1155585.jpg
YAOAOとYoLeYoLeの2DAYSに来てくれたみなさま、
ほんとにありがとう。

音楽には、いろんなことばやキモチがつまってます。

音楽で、壁や隔たりをすこしでも、とっぱらえるなら、
私はそれを続けたい。

音楽で、みんながいつもよりもちょっと、よっぱらえるなら、
私はそれを続けたい。

でもごめん。

なんていいつつ、
いちばん楽しんじゃってるのは、自分たちです!!

たくさんの素晴らしいミュージシャンとのセッションで
YoLeYoLeはすくすくと育っているね。
って、kotangが言ってました。

「すくすく」っていいな。

関わってくれたみんな、ほんとにありがとう。

w/love a lot♪ nao

photo by chikaho
[PR]
by yoleyoleyole | 2006-04-07 01:16 | 日記

SSCと私 ③


俺は実はこう見えても明治学院大学法学部政治学科卒(立派でしょ)
たまには日本の政治経済の動きがとても気になってしまう。
どうすれば時代が変わってくのか、いい社会になるのか 
よく考えちゃうときがあります。
SSCの今後と合わせて久しぶりに大学の授業のように
ぷち論文を書いちゃいました

今の社会で、自分の仕事に誇りを持って楽しんで仕事を
してる人は何パーセントいるだろうか・・・・・
ちゃんと統計してないので、はっきりといえないが
今近くにいる人にそっと聞いてみればその答えは見えるはず

俺の統計だと99%がやめたいとか別の仕事したい、
今の仕事に納得がいかない。
もっと楽して生きたいと答えるだろう。
別の仕事に移ってもたぶん文句を言ってまた仕事を変えて
何やかんだでいつの間にか年だけとってしまってる人がほとんどなのでは・・

確かに仕事って言葉は義務教育の延長上に存在してる気がして
制約があったり時間に厳しかったりするイメージがあると思う。
でも俺がいままで見てきた『仕事』には
先ほど 1% と 99% にわけたように確実に2つの人種が存在する。
それは経営人と雇われ人

お金の流通から考えてみればすぐにわかる
例えばあなたは誰に向けてお金を使ってる?
そりゃすべてのお金は商品を売る会社のために使ってると思うが
本当にその経営陣(誇りを持って仕事して人)に向けて使っているでしょうか。

例えば全国に広がるチェーン店の居酒屋があるとする
この居酒屋グループには愚痴も言わずに自分に誇りを持って仕事してる人
は何人いるでしょうか?明日仕事だぁやだなぁと思わないで仕事してる人
は何人いるでしょう?どこのフランチャイズにせよ。店長レベル課長レベルでも
全滅なのでは? ここでつかったお金は誰に向けて払ってるのでしょうか?
たぶんやる気のない店長ややる気のないアルバイト連中の給料に
なっているのではないでしょうか?
200人いる会社で結局その社員は二人であとは全部派遣会社、アルバイトの人々だったり。
なんだそれな社会だけど、ほとんどの人がたてまえの顔を演じて
成立してる立派な社会。まぁこれはこれですばらしいけどね。
ただ雇われて、その会社のシステムにさえはまってれば
多少我慢してれば問題なく生きていける時代なんですかね。

確かに近くの牛丼屋の牛丼が大好きでどんな人が作って
どんな人が経営してるか知らなくてもよいという人もいるだろうけど
地元の個人で経営してるレストラン
メニューも内装もすべて手作りで自分の誇りを持った店を経営してる
お店。自分の趣味の雑貨を集めてのんびりくつろげるお店を
経営する店長さん。自分の街のお店やムーブメントをフリーペー
にして配布する人。
大好きなサーフィンのお店を海の近くに構える人。
好きな洋服ブランドを集めていい音楽が流れるお店を経営する人。
俺は現実に自分の魂を入れて
仕事をしてる人(お金を稼ぐ人)にむしろ投資をしたい。
それは大企業であっても個人であってもお金を払うことが
少しでも応援につながるならそれをしたい。
だいたい魂があるものは、食べ物もお店も商品も
いいんですよね。だって他に絶対ないんだから。

確かに仕事ってたいへんなこととか挫折とかあるのはまず当たり前。
でもその大変な場所にかつて飛び込んできた
チャレンジャーたちはたとえ失敗したとしてもすごく立派である。
夢を具体化することこそ一番大変なことなのである。
だって世の中の99%は口だけでっかくて
びびってそこいけないからね。

経済とはお金が回ること。おれはこれからいいお金の使い方をしたい
たまにはチェーン店も行くけど、お店のため、がんばってる人のため、
夢を応援するためにお金を使いたい。
誰のためかわからないその場しのぎのお金はなるべく使わないように
しようと思った。

また俺も1%の人間になれるようにこれからがんばろうと思う。
お金を稼ぐ事(仕事)にも魂はあるのではないだろうか
  
                      りゅうじ
[PR]
by yoleyoleyole | 2006-04-05 20:42